このページは「執拗にAKB」のRSSスペースになります。
このページは「執拗にAKB」のRSSスペースになります。
このページは「執拗にAKB」のRSSスペースになります。

【悲報】大塚愛さん(34)の末路・・・・・・・・・・・・・(※画像あり)

1: 2017/04/08(土) 12:20:28.25
Lr74J
大塚愛
photo05

大塚 愛(おおつか あい、ai otsuka、1982年9月9日 – )は、日本のシンガーソングライター、女優、イラストレーター、絵本作家。愛称は「愛ちん」。Rabbitのボーカル。夫はRIP SLYMEのメンバーSU。作詞・作曲は2010年までは「愛」名義、2012年以降は「AIO」「aio」名義で行う。

>>Wikipedia-大塚愛
大塚愛(34)夫に不倫されたのに同情されない
大塚愛
5 6 7

江夏詩織(21)
3 4

2: 2017/04/08(土) 12:20:56.45
スタイル良すぎやろ

3: 2017/04/08(土) 12:21:27.68
スレも伸びない😔

4: 2017/04/08(土) 12:21:58.42
木村カエラともやってたし、やっぱsuってもてるね 5e7dab00854a341e5cf992af2e30b983

5: 2017/04/08(土) 12:22:15.81
大塚愛はたまに美人になる

6: 2017/04/08(土) 12:22:33.03
大塚愛ってかわいかったよな

7: 2017/04/08(土) 12:22:37.15
何が不満なんやろな

9: 2017/04/08(土) 12:22:44.50
昔痴女っぽくて好きだったのに

10: 2017/04/08(土) 12:22:44.92
ワイドナショー出ると呪われるんか

11: 2017/04/08(土) 12:23:57.05
こんなおばさんなってるんか、、

12: 2017/04/08(土) 12:24:03.39
パクりの女王の末路として残当

13: 2017/04/08(土) 12:24:29.58
このおっさんモテるんか
リップスライムの他になんかやってんの?

14: 2017/04/08(土) 12:25:07.88
木村カエラ、大塚愛とか
スーさんロリコン気味やな

他サイト様オススメ記事

このページは「執拗にAKB」のRSSスペースになります。

コメントする


このページは「執拗にAKB」のRSSスペースになります。
スポンサー
(´・ω・)つ旦

あたたかいお茶でも飲みながら

ごゆっくり。。

良かったらフォローも..

著作権について

当ブログで掲載されている画像及び動画等の著作権・肖像権等は

各権利所有者に帰属致します。 著作権を侵害する意図は全くございません。

掲載に問題がある物がありましたらお手数ですが、akbplusentame@yahoo.co.jp御一報下さい。

早急に削除、改変の対応を取らせて頂きます。

執拗にAKB管理人

最新記事
月別アーカイブ
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
カテゴリー別アーカイブ
  • 48グループ (1856)
  • AKB0048 (2)
  • AKB48 (2090)
  • AKB48 研究生 (7)
  • HKT48 (214)
  • JKT48 (27)
  • NGT48 (17)
  • NMB48 (344)
  • SDN48 (12)
  • SKE48 (417)
  • SNH48 (9)
  • アイドル (500)
  • あつみな (1)
  • アニメ・漫画 (138)
  • お知らせ (5)
  • スポーツ (206)
  • セーラーゾンビ (28)
  • タレント (637)
  • なこみく (1)
  • ニュース・情報系 (1178)
  • ネタバレ (16)
  • ほっこり和み (142)
  • マジすか学園 (65)
  • まゆゆきりん (1)
  • モデル (202)
  • 三銃士 (8)
  • 他アイドル (5)
  • 俳優/女優 (634)
  • 地方組 (5)
  • 女子アナ (213)
  • 小嶋三姉妹 (1)
  • 小林よしのり (33)
  • 小説 (16)
  • 心友トリオ (1)
  • 未分類 (123)
  • 歌手 (366)
  • 田中将大 (1)
  • 画像 (2673)
  • 芸人 (403)
  • 芸能ニュース (358)
  • 芸能ネタ (6494)
  • 話題 (9118)
  • 雑談・ネタ系 (5119)
リンク集
逆アクセスランキングII